ホーム>コラム>Vol.1

​※1時間以内

​初回無料相談

実施中!

e-style設計室Q&A

コラム

e-style column

​Vol.1

コストダウンは経済設計で!

   RC造や鉄骨造の建物を設計する際、柱と梁で構成するラーナン構造と呼ばれる比較的自由度の高い構法で設計することがほとんどです。

しかし、形状やプランが煩雑になればなるほど柱や梁が多くなり、コストアップの要因になります。そこで医療・福祉施設、保育園、幼稚園などを設計する際、お施主様の要望を含みつつプランをシンプルに煮詰め直して単純化し、可能なかぎり柱の数を減らします。ただむやみに柱を減らすと柱間のスパンが増えて梁が巨大になることがありますので要注意。ちょうどいい塩梅で構造材を減らすと、コストダウンに繋がります。このようなやり方以外にもRC造では、壁式構造という壁と床で強度を保つ方法があり、柱や梁が無い分コストダウンになります。医療・福祉施設、保育園、幼稚園など工事費が高くてお悩みの方、是非e-style設計室までお問い合わせください。

​過去のコラム一覧

2018.10.16 更新しました!

詳細を知りたい方

これからの施設・家づくりの参考にしたい方へ

Present

e-style株式会社

設計実例集プレゼント

Phone

お問い合わせ専用ダイヤル 9:00~19:00(月~金)

03‐5426-0025

E−mail

お問い合わせ

資料請求

®

e_style_business card-1.png

東京都世田谷区の設計事務所

e-style株式会社

〒154-0022

東京都世田谷区梅丘1-13-12UMECUBE401

e-style-archi. All rights reserved.