top of page
  • estyleishii

ニーズから考える障がい者施設 利用者の悩みに基づく設計手法

更新日:5月25日

障がい者グループホーム 外観

障がい者施設の設計において、利用者の具体的な悩みを解決することは非常に重要です。

施設利用者やスタッフは、日々さまざまな問題に直面しています。

例えば、動線の不便さ、段差、コミュニケーションの不足、過酷な労働環境、地域社会との交流不足などが挙げられます。


これらの問題は、設計段階での工夫により解消可能です。

今回は、障がい者施設が抱える具体的な問題に対する設計手法を詳しく解説します。

 

目次

・施設内での動線問題

・施設外での動線問題

・段差で阻害されるアクセスの阻害

・スタッフの過重労働

・地域とつながらないことによる孤立感

・障害を超えるコミュニケーション

・まとめ



施設内での動線問題


障がい者施設内の動線は、車椅子ユーザーや歩行が困難な利用者にとって重要な課題です。

狭い廊下や高い段差、複雑な通路は利用者の移動を制限し、ストレスや不自由を感じさせる原因となっています。

動線の問題は、移動の制限から安全性の問題、精神的ストレスまで、幅広い影響を及ぼします。

動線に問題がある建築物は、つまずきや転倒事故のリスクを高め、日常生活を困難にし、利用者の精神的な負担を増加させます。



①動ける自由をデザインする


ユニバーサルデザインの原則を取り入れることで、障がい者施設の動線問題に効果的に対応

できます。

十分な幅を持たせて、車椅子ユーザーや補助具を必要とする人がスムーズに移動できるようにし、通路や共有スペースから障害物を取り除き、視覚障がい者も安全に移動できるクリアな動線を設計します。


例えば、車椅子を使用する利用者が多い場合、通路の幅を十分に確保することが重要です。具体的には、通路の幅を最低でも120センチメートル以上にすることで、車椅子が通行しやすくなります。また、ドアの幅も広くし、車椅子がスムーズに通れるように設計することが求められます。


さらに、施設内の各エリアを色彩や照明で分かりやすく区別することも有効です。

視覚障がい者が目的地を容易に識別できるようにするために、各エリアに異なる色を使用し、適切な照明を配置することで、移動の際の視認性を高めることができます。

知的障がいを持つ利用者にとっても、色分けや明確な標識は、目的地への移動を助ける重要な要素となります。


②休憩スペースの設置


歩行に不安がある利用者が安心して移動できるよう、廊下や移動経路に手すりを設置することも重要です。

手すりは、利用者が休憩しながら移動できるようにするための重要なサポートとなります。


また、定期的に休憩できるスペースを設けることで、長距離の移動が必要な場合でも利用者が無理なく移動できるようになります。

これにより、移動の際の負担を軽減し、利用者が施設内で快適に過ごせる環境を提供することができます。



施設外での動線問題


障がい者施設の外の動線にも問題が多く存在します。特に、駐車場やバス停から入口まで距離があると、車椅子ユーザーや歩行に困難を持つ人にとっては特にアクセスが難しくなります。

悪天候時にはこれがさらに深刻になります。

整備されていない移動経路は、施設利用が大きな負担となり、利用者の自立や施設へのアクセスを躊躇させる原因となります。



①負担を減らすアプローチ設計


利用者が容易に施設にアクセスできるよう、施設の入り口までのアプローチを直線的かつ短く設計することが重要です。

例えば、駐車場から施設の入り口までの距離をできるだけ短くし、車椅子ユーザーがスムーズに移動できるようにする必要があります。

また、通路に屋根を設置することで、悪天候時でも安心して移動できる環境を提供することができます。滑りにくい表面材を使用することで、雨や雪の日でも安全に移動できるようにすることが重要です。


外部の歩道や横断歩道の改修も重要です。

具体的には、十分な幅の確保、障害物の除去、適切な勾配のスロープの設置などが必要です。

これにより、利用者は施設外でも自信を持って自由に移動でき、施設利用がより積極的かつ頻繁になるでしょう。

例えば、施設の周辺の歩道をバリアフリー化し、段差をなくすことで、車椅子ユーザーや歩行に不安のある利用者が安心して移動できるようになります。


②環境デザインの工夫

また、施設の周辺環境も考慮する必要があります。

緑地を含めた外構を整備し、利用者がリラックスできる場所を提供することが重要です。

これにより、利用者は自然の中でリフレッシュできるだけでなく、地域社会との交流の場としても利用できます。

さらに、施設の周辺にベンチや休憩スペースを設置することで、長時間の移動が必要な場合でも、利用者が適度に休憩できるようにすることができます。


③段差によるアクセスの阻害

障がい者施設における段差は、日常的に多くの利用者にとって大きな困難をもたらします。この物理的障壁は、車椅子ユーザーが多い身体障がい者や視覚障がい者だけでなく、知的障がいや精神障がいをもつ方にとっても非常に危険です。

施設のトイレ、出入り口など、さまざまな場所に段差があり、日常的な活動を妨げる要因となっています。


障がい者グループホーム 外観









障がい者グループホーム事例


④全員が平等にアクセスするためのバリアフリー設計

バリアフリー設計は、すべての利用者が施設を平等に利用するために不可欠です。

入口や通路の段差はスロープやリフトで解消し、外部の段差には適切な傾斜のスロープを設置します。

例えば、施設の入口にスロープを設置し、車椅子ユーザーが自力で移動できるようにすることが重要です。スロープの勾配は、最大でも1:12以下とし、手すりを設けることで安全に利用できるようにします。


建物内の移動にはエレベーターや階段リフトを使用し、上下階への移動をスムーズにします。

エレベーターの広さや扉の幅、操作パネルの配置にも配慮し、快適性を高めます。

エレベーターの内部は、車椅子が回転できるだけのスペースを確保し、操作パネルは低い位置に配置して、車椅子ユーザーが容易に操作できるようにします。

これにより、利用者は施設内を自由かつ安全に移動でき、施設の利用効率が向上します。

バリアフリー設計により、障がいの有無にかかわらずすべての人が施設を等しく利用できま

す。


スタッフの過重労働


障がい者施設のスタッフはしばしば過重労働に直面しています。長時間労働と高い精神的・身体的負担がスタッフのパフォーマンスと健康に悪影響を与え、職場離職や職員交代が頻繁に発生します。これは施設のサービス品質の低下を招くため、対策が必要です。


①スタッフのための職場改革

過重労働を解消し職場環境を改善するためには、休憩スペースの設置が重要です。

スタッフが効果的に休息を取れるよう、静かで落ち着いた環境に快適な家具を配置します。例えば、リクライニングチェアやマッサージチェアを設置し、短時間でリフレッシュできるスペースを提供することが考えられます。

また、休憩スペースには自然光を取り入れ、リラックスできる環境を整えることが重要です。

また、勤務シフトの見直しとタスクの合理化により、適切な人員配置と効率的なタスク管理を実施します。

例えば、シフト制を導入し、スタッフの労働時間を均等に分散することで、過重労働を防ぐことができます。


さらに、業務内容を見直し、無駄なタスクを削減することで、効率的に仕事を進めることができます。

定期的な健康管理と心理的サポートも提供し、スタッフの長期的な健康維持と職場での継続的な活躍を促します。

例えば、ストレスチェックやカウンセリングサービスを導入し、スタッフが心身の健康を保てるようサポートします。

これにより、過重労働の問題を減らし、職場の雰囲気が向上し、施設全体のサービス品質の向上につながります。


地域とつながらないことによる孤立感


障がい者施設での地域社会との交流不足は、利用者に孤立感をもたらす深刻な問題です。

地域の活動やイベントに参加できなければ、社会参加の機会が減少し、自己肯定感の低下を招きます。



①地域とつながる場所づくり

施設内にコミュニティスペースを設けることで、地域との積極的な交流が可能になります。地域住民にとって気軽に訪れる場所を提供し、工芸品の展示やイベント、ワークショップを通じて自然な交流の機会を提供します。

例えば、定期的に地域住民を招いてワークショップを開催し、利用者と地域住民が共同で作業する場を提供します。

これにより、相互理解が深まり、利用者が地域社会に溶け込む機会が増えます。


バリアフリー設計を徹底し、広々とした入り口や十分な通路の幅、段差のないフロアを備えることで、すべての人が安心して利用できる環境を整えます。

また、地域図書館やカフェを併設し、地域住民の日常的な訪問を促進します。

例えば、地域の図書館と提携し、施設内に小規模な図書館を設置することで、地域住民が気軽に訪れる場所を提供します。

これにより、利用者と地域住民が自然な形で交流する機会が増えます。


さらに、地域イベントやボランティア活動を通じて、利用者が積極的に地域社会に参加できる機会を提供することが重要です。

例えば、地域の祭りやイベントに参加し、利用者が地域の一員として認識されるような取り組みを行います。

これにより、利用者は地域社会とのつながりを感じ、自信を持って生活することができます。



障がいを越えるコミュニケーション


コミュニケーションの障壁を解消するため、多様なニーズに対応する支援技術の導入が有効です。

視覚障がい者向けには音声ガイダンスシステムや視覚障害者誘導用ブロックを設置し、聴覚障がい者には振動や光を用いたアラートシステムとテキストベースのコミュニケーションツールを提供します。

例えば、視覚障がい者向けの音声ガイダンスシステムは、施設内の各エリアに音声案内を設置し、利用者が目的地まで迷わずに移動できるようにします。

また、視覚障害者誘導用ブロックは、施設内の通路に設置することで、視覚障がい者が安全に移動できるようにします。

これにより、視覚障がい者は施設内での移動が容易になり、安心して施設を利用できるようになります。


聴覚障がい者には、振動や光を用いたアラートシステムが有効です。

例えば、重要な情報や緊急時のアナウンスを光や振動で伝えるシステムを導入することで、聴覚障がい者が必要な情報を確実に受け取れるようにします。

また、テキストベースのコミュニケーションツールを提供し、聴覚障がい者が他の利用者やスタッフと円滑にコミュニケーションを取れるようにします。


言語障がい者のためには、ピクトグラムやシンボルを使用したコミュニケーションエイドが効果的です。

例えば、施設内の各エリアや設備にピクトグラムを設置し、言葉を使わずに意思疎通ができるようにします。

これにより、言語障がい者は自分の意思や要求を簡単に伝えることができ、日常生活がスムーズに進むようになります。

さらに、ピクトグラムやシンボルを使用したコミュニケーションエイドは、他の利用者やスタッフとのコミュニケーションを円滑にし、相互理解を深めるための有効な手段です。



まとめ


障がい者施設の設計では、利用者とスタッフのニーズをしっかり把握し、それに基づいて環境を整えることが求められます。

施設内外の動線の改善や段差の解消、休憩スペースの設置など、細部にわたる配慮が重要です。

これらの取り組みにより、障がい者が安心して利用できる環境を提供し、地域社会と共に成長していく施設を目指しましょう。


さらに、スタッフの過重労働を軽減し、働きやすい環境を整えることは、施設全体のサービス品質向上に直結します。

地域との連携を強化し、利用者が孤立感を感じることなく地域社会に積極的に参加できる環境を作ることが重要です。


最終的には、障がいを持つ利用者がより自立し、社会に積極的に参加できる環境を提供することが必要です。そのために、事業者や設計者が利用者の声に耳を傾け、具体的なニーズに基づいた設計を行うことが求められます。



Kommentare


bottom of page