​e-styleが使用しているBIMソフト ArchiCAD の活用法について、GRAPHISOFT社より取材を受け ユーザー事例集に掲載されました。

グラフィソフト.png
定期報告

BIMってなに?

設計図をよりわかりやすく。e-styleでは先進的なBIMのソフトを採用して、より良い建物づくりに役立てる努力をしています。ここでは小規模の設計事務所での導入は珍しいBIMについてご案内いたします。

​建築業界のイノベーションBIM

設計の業界、建築業界でいま起こっているイノベーションのひとつにBIMがあげられます。
BIMとは“ビルディングインフォメーションモデル”の略称で、BIMのCADソフトで3次元化した図面(モデル)に各部の名称、仕上げ、部材の仕様等、建物の属性情報をもたせることができ、により以下のメリットがもたらせます。

① 立体的に建物を3Dで俯瞰できるので、建物のイメージがつかみやすい。
② 平面と立面、断面の不整合が確認でき、設計内容の見える化が可能。
③ 建物の情報を統合し一元化できる。

お施主様には伝わりにくかった建物の全容がわかりやすくなるので、
設計の打ち合わせでは私たち設計者との意志の疎通がスムースになります。

e-styleでは設立時より設計ツールとして、BimのアプリケーションソフトArchiCAD(GRAPHISOFT社)を導入しており、お施主さまより好評を得ています。

便利ツールBimXとは?

ArchiCADで作成したデータをBimXというソフトを介して3D画面を自由にウォークスルーできようにすることができます。
3Dで気になる場所の空間や仕上げ材の検討、採光などが簡単に確認でき、バーチャルモデルルームを見てまわってもらうことにより、より建物をイメージしてもらいやすいと思います。
しかもBimXで作成したデータはアプリがなくても、お手持ちのパソコン、またはiPad、iPhone、AndroidデバイスでBIMモデルのウォークスルーデータの中を自由に歩き回ることができます。

定期報告