top of page
  • estyleishii

幼児施設の細部に注目|園舎設計のポイント

更新日:6月23日

保育園 園庭 夜景

幼児施設の設計は、単に機能性や美観以外にも重要なことがあります。

安全性や環境配慮、地域との関わりなども欠かせない要素です。


今回は、幼児施設設計の重要なポイントと、それらがもたらす影響について詳しく解説します。



 

目次


安全設計:見落とされがちな安全設計


幼児施設の安全設計は、子供たちが安全かつ健康的に成長するために不可欠です。以下のポイントを効果的に取り入れることで、施設はより安全な環境を提供します。


・ 床材の選定:子供たちが転倒した際のケガを防ぐため、滑りにくく衝撃を吸収する素材

  を選びます。天然木の質感を活かした床材のほか、防滑フロアや塩ビシートなども効果

 的です。


・ 家具の安全性:安定性の高い家具を選択し、子供たちの安全を確保します。角は丸みを

  帯びたデザインにし、子供の身長に合わせたサイズで設計することが肝心です。


・ 窓の安全設計:窓は落下防止のために適切な高さとロック機能を備えるべきです。

 また、紫外線や熱を遮る複層ガラスやトリプルガラス、Low-Eガラスを選定すること

  で、室内環境を快適に保てます。


・ 非常時の安全対策:地震や火災などの非常時に備え、明確な避難経路を設計します。

 消火器や非常用器具は、容易にアクセスできる場所に配置することが重要です。


・ 有害物質の回避:子供たちの健康を考慮し、無毒性で安全な塗料や接着剤を使用しま

  す。

 VOC(揮発性有機化合物)の少ない素材を選ぶことで、安全性をさらに高めます。


これらの対策を講じることで、子供たちが安全で、学習に適した環境で過ごせます。

安全設計は、怪我のリスクを減らすとともに、快適で刺激的な学習空間を提供するためにも極めて重要です。


保育園 園庭

















心地よい空間創造:子供たちの心を豊かにする空間設計


心地よい空間創造は、幼児施設において子供たちの学びと成長を促進する重要な要素です。以下のポイントに注目し、効果的な環境を作り出します。


・ 色彩の選定:色は子供たちの心理に影響を与えます。

  落ち着いた学習環境には寒色系を、活動的な空間には暖色系を選ぶなど、色彩心理学を

 活用して環境を整えます。 


・ 自然光の活用:十分な自然光は子供たちの視力や健康に良い影響を与えます。

  窓の配置を工夫し、適量の日光が室内に入るようにします。

  同時に、調光システムを利用して過剰な日差しをコントロールします。


・ 音響設計:静かな環境は学習効果を高めるため、適切な音響設計が重要です。

  防音材料の使用や、にぎやかなエリアと静かなエリアの分離を考慮します。


・ 自然素材の使用:木材などの自然素材を使用し、温かみのある雰囲気を作り出します。

 これらの素材は子供たちに安心感を与え、化学物質の発散も抑えられます。


・ 柔軟なレイアウト:活動に応じて変更可能なレイアウトを計画します。

 可動式の家具や仕切りを使用し、子供たちが自由に空間を変えられるように配慮しま

  す。


これらの要素を組み合わせることで、子供たちが心地よく、刺激を受ける環境が作り出

されます。

心地よい空間は、子供たちの感性や創造力を豊かにし、学びや成長を支援します。


保育園 エントランス















サスティナブルな建築:環境に配慮した持続可能性


サスティナブルな建築は、幼児施設において環境への配慮と持続可能性を実現するために重要です。次のポイントに焦点を当てることで、環境に優しい施設を構築します。


・ 再生可能エネルギーの利用:ソーラーパネルや地熱エネルギーシステムを導入すること

  で、環境に優しいエネルギー源を活用します。

 これにより、エネルギーコストを削減し、子供たちに再生可能エネルギーの重要性を教

  えられます。


・ 雨水利用システム:雨水を集めて再利用するシステムを設置し、畑の水やりや庭の散水

 に使用します。

  水資源の節約を実現しつつ、災害時に備えることもできます。


・ 緑化屋根や壁:屋根や壁の緑化により、建物内の温度調節を行い、都市のヒートアイラ

 ンド現象を軽減します。

  また、子供たちに自然との触れ合いを提供し、生態系について学ぶ機会を創出します。


・ 持続可能な建材の使用:竹や再生木材などの環境に優しい建材を選び、資源の有効利用

 と廃棄物の減少を目指します。


・ エネルギー効率の高い設計:断熱材の使用や自然換気システムを導入することで、エネ

  ルギー効率の高い建物を実現します。

 これにより、環境への影響を最小限に抑えつつ、快適な室内環境を保ちます。


これらのサスティナブルな建築要素の採用により、環境への負荷を減らしつつ、子供たちに持続可能な未来への意識を育てられます。


保育園 園庭

















地域との関わり:地域とつながる幼児施設


幼児施設の設計における地域との関わりは、施設をコミュニティの一部として統合し、子供たちに多様な社会経験を提供するために重要です。

以下の要点を考慮することで、地域との強い結びつきを促進します。


・ 地域の文化や特色を反映:施設のデザインに地域の歴史や文化を取り入れ、地元の自然

  素材や技術を活用します。

 これにより、地域住民との親和性を高め、地域のアイデンティティを施設に反映させま

  す。


・ コミュニティとの連携スペース:地域住民が利用できる多目的ホールや屋外スペースを

 設計し、イベントや集会に開放します。

  これにより、地域との交流を促進し、施設をコミュニティの中核として機能させます。


・ 地域住民との交流:地域の祭りや文化行事への参加、地域のシニア層との交流、地元の

 専門家による教育プログラムなど、地域住民が参加できる活動を企画します。

  これにより、子供たちが地域コミュニティとのつながりを深め、多様な経験を積めま

 す。


・ 地域のニーズに合わせた施設利用:地域の子育て支援や高齢者の介護、レクリエーショ

  ン活動など、地域のニーズに応じた施設の利用を計画します。

  また、緊急事態や災害時の公共シェルターやサポートセンターとして機能する設計を検

 討します。


これらの要素を取り入れることで、幼児施設は教育の場としてだけでなく、地域コミュニティと深く結びついた存在となり、子供たちに豊かな社会的経験を提供することが可能になります。


保育園 ホール














幼児施設の細部に注目。認定こども園の設計のポイント【まとめ】


幼児施設の設計は、子供たちの安全、学習、遊び、そして成長のための環境を形成します。子供たちが学び、遊んで成長するには、安全性や快適性に配慮した空間が必要です。

また、環境や地域への配慮も忘れてはいけません。

子どもたちの未来を豊かにするためには、配慮が行き届いた建築が欠かせません。




Comments


bottom of page