都市の航空写真

​土地探し

建築の専門家に依頼する

一級建築士事務所e-styleは住宅や園舎などの建物を建てる多くのお客様の土地選びをサポートして参りました。

不動産の情報は金額、場所、用途地域、面積、建ぺい率、容積率が記載されていますが、それだけではその土地にどのような建物を建てることが可能なのかを読み取ることは一般のお客様 には難しい事と思います。

不動産情報に記載されていない地盤の状況を調査し、建物を建てる場合地盤にどのような補強 が必要であるか、建築基準法やその他関係法令を行政と調査、打ち合わせをおこない、その不動産を最大限活用する方法をアドバイスをおこなう等、建物を建てるお客様の立場に立ったサービスを提供させていただきます。土地探しは、一級建築士事務所e-styleにお任せください。

失敗しない土地探しのポイント

①全体の予算の中から土地取得にかけられる予算を決める

土地探しを始める前に、土地取得に必要な予算を決める必要があります。予算を決めないで土地探しを行うことは、失敗する大きな要因です。希望する土地が見つかった時に判断が鈍ることや、高額な土地を購入してしまい最終的には予算を超過することも予測されます。そのようなことにならないためには、しっかりと資金計画を立てたうえで全体の総予算を決めることが不可欠です。 総予算が決まることで、「建設費」「土地取得費」「備品等購入費」「諸経費」の配分を決 めることをおススメします。ここでポイントとなるのは「建設費」の把握です。時間をかけて コンセプトや設計のプランを検討したとしても、「建設費」を知って工事を中断される方が非常に多いです。事前に施設を建てるとどのくらいの費用がかかるのかを概算でもかまいませんので把握しておくことをおススメします。建設費については建築のプロである設計事務所に相 談しましょう。 建設費を把握することで土地取得にかかる費用の目安も分かるようになります。その土地の取 得にかけることのできる予算を抑えておくことで、そのあとの建築で発生する打ち合わせもス ムーズに行えます。

 

②土地購入費以外にかかる費用の把握

建物が建っている売り物件を購入する場合には「解体費用」が発生します。また、中には解体費用を売主が負担する「更地渡し」というケースもあるため、土地を購入する際は必ず確認しましょう。 また、敷地内に水道が通っていない場合もあり、この場合、水道引き込み工事費用がかかります。下水道についても同様です。水道の工事を行うことは前面の道路の工事も行わなければなりません。場合によっては高額な工事費用が発生することもあるため必ず事前にチェックをしなければなりません。上下水道を引き込むことができない土地もあります。その土地が「駐車場」や「空き地」など、長期間使われてこなかった場合などは特に注意が必要です。あらかじめインフラ設備についての調査を専門家に依頼することでリスクを回避することができます。

 

③信頼できる設計事務所に相談する

住宅や事業所の土地探しで失敗しない方法は「信頼できる設計事務所」をまず見つけ、そして、 相談しながら土地探しを行うことにつきます。 設計事務所と一緒に土地探しを行うことで、土地取得にかかる費用や建築費の把握、建築で発生する法律についても不安になることが少なくなり、プロジェクトを円滑に進めることができます。成功する土地探しを実現するために信頼のおける設計事務所に相談をしましょう。